映画から考えるジェンダー

上映作品「わたしのお母さん」

三人姉弟の長女で、今は夫と暮らす夕子は、急な事情で母の寛子と一時的に同居することになる。明るくて社交的な寛子だったが、夕子はそんな母のことがずっと苦手だった。不安を抱えたまま同居生活がスタートするが、昔と変わらない母の言動に、もやもやした気持ちを抑えきれない夕子。ある日、二人の関係を揺るがす出来事が起こる―。

すれ違う二人の感情、葛藤を繊細に描く「 誰よりも近いのに 誰よりも遠い母と娘の物語 」

2024年8月30日(金)18:00~20:10

場 所伊丹市立男女共同参画センター
進 行田上 時子さん (NPO法人女性と子どものエンパワメント関西理事長)
参加費無料
定 員20人 <予約優先> *自由席* (開場17:45~)
申 込7月 16日(火)9:00~ 電話、窓口、センターHPで受付
映画から考えるジェンダー「わたしのお母さん」チラシ
PAGE TOP